不動産の引き渡し準備に関して

土地査定でお困りであれば、こちらで利益アップ!

自分の土地の査定を知り方はこちら!
簡単60秒で最大6社から無料見積もり
イエウール

不動産の引き渡し準備に関して

売買契約が完了すると、売り主の方は所有権移転と物件の引き渡しを行います。

 

これを期日までに果たさなければ、契約不履行で違約金の支払いを請求されるケースもありますので注意してください。

 

不動産の引き渡し準備に関して気を付けるポイントは所有権移転登記と抵当権の抹消に現地確認、そして引っ越しの準備です。

 

一般的に登記申請は司法書士に任せる事ができます。
ただし登記記録には時間がかかることもありますので、極力早くやっておくと良いでしょう。

 

また住宅ローンに残債額があって抵当権抹消のが必要なケースもあります。
その場合は事前に金融機関や不動産会社と相談しておきましょう。

 

それから土地の実測や境界確認も土地家屋調査士に依頼します。
境界がよく分からない場合や境界から越境していると引き渡しができませんので注意ください。

 

最後に売り主と買い主、そして不動産会社の立ち会いで現地の確認をします。
先の境界問題や物件の修復が契約条件になっているときはそれを三者で確認し合うのです。

 

ここまでできればあとは引っ越しの準備です。
引き渡しまでに完璧に事物の撤去が必要です。

 

買い主に物件をちゃんと譲渡できる様に準備をします。
賃貸中の方の退去が条件となっている場合は、
賃借人や管理会社としっかりと調整してください。

 

賃借人の退去トラブルで引き渡しが遅れる可能性もあるのです。
またガス・水道・電気など公共料金の精算は確実にしましょう。

 

そして最も大事なのが買い主へ渡す重要書類などの整理です。
まず登記関係書類等があります。

 

所有権移転登記の関係書類等に登記識別情報または権利証、
そして印鑑証明書と住民票、固定資産評価額証明書、司法書士への委任状などを準備しておきます。

 

ただし登記をオンライン申請する場合は内容が異なります。
それから実印に登記費用、実測図や境界確認書も必要な時があります。

 

残代金や各種精算金等の領収書に建築関係書類、
そして鍵など引き継ぐべきもの一式、仲介手数料も準備しておきましょう。

 

また引き渡し時の手順も押さえておきましょう。
一般的に売り主からの所有権の移転と物件の引き渡し義務と、
買い主による残代金の支払は同時に行います。

 

まず買い主から売り主へ残代金を支払います。
残代金を受け取ったら売り主は残代金の領収書と所有権移転登記に
必要な書類一式を渡して、司法書士などによって所有権移転登記を申請します。

 

それから公租公課などの精算があります。
これは引き渡し日の前日までを売り主負担、引き渡し日以降は買い主負担にします、
そして最後に引き渡しが完了した時に仲介手数料を完済します。

土地査定でお困りであればこちらで一括見積もり

一括査定を依頼するだけで500万円以上の差が出る事も!

不動産売却一括査定「イエウール」

 

どこよりも高く土地査定を行います!
・最短60秒でご依頼が完了
・全国900社以上の優良不動産会社が集結
・最大6社より最高額が分かる




 

イエウール






不動産エージェントの「無料一括査定」

 

地域密着型で土地を査定!
・東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道で査定依頼
・無料土地査定をご検討の方!
・最短60秒で査定開始



 

不動産エージェントの【無料一括査定】




土地査定を希望であれば、群を抜いてこちらの2サイトが優良なサイトになります。
迷ったたらこちらがオススメですね。


どこよりも高く土地査定を希望される方へ!

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較

全国対応の提携数900以上から一括見積もりはこちらから


土地査定の依頼について 物件を高く売れた方法 体験談 高額査定の条件 値落ちしない物件ポイント