媒介契約とは?

土地査定でお困りであれば、こちらで利益アップ!

自分の土地の査定を知り方はこちら!
簡単60秒で最大6社から無料見積もり
イエウール

媒介契約とは?

土地や建物を正式に不動産会社に売買を依頼するには「媒介契約」を締結しなければなりません。

 

これは、個人が希望する価格と仲介サービス内容を明確にする大切な書類となります。

 

また、媒介契約には、主に3種類程あります。

 

「一般媒介」「専属専任媒介」「専任媒介」それぞれ契約内容は一緒でこれら3種類から選ぶ事が可能。
今後どのように売却を進めていくのかを売却方針として考えて選ぶようにして下さい。

 

一般媒介

これは、複数の不動産会社に同時に仲介依頼をする事が可能な契約になります。
仮にご自身で相手を見つけて契約をする事も出来ますが、最終的には
どの不動産会社を通して取引するのかを決定しなければなりません。

 

普通であれば、個人が希望する購入金額を紹介してくれた不動産会社と
取引を進める事が多いようです。

 

専属専任媒介

これは、不動産会社を1社に限定させ複数の不動産会社に仲介依頼をする事が
出来ない契約となっています。

 

個人で見つけた相手方も同様に依頼した不動産会社を通じての契約となります。

 

専任媒介

これは、専任媒介と同様の契約ですが、個人で見つけてきた相手方と
不動産会社を通す事なく契約をする事が可能です。

 

尚、専属専任媒介契約と専任媒介契約の法規制があるのでこちらを
参考にされて下さい。

媒介契約の有効期間

専任媒介契約は、依頼者側にとって拘束力が非常に強い契約となるので
有効期間は、3ヶ月以内となります。
万が一、その期間を超える契約であっても有効期間は変わりません。

 

指定流通機構への登録

不動産会社は、専任媒介契約を締結した場合7日以内に依頼された
物件情報を宅地建物取引業に基づき指定流通機構へ登録しなければなりません。

 

この指定流通機構に登録の目的としては、多数の不動産会社に
物件提供を行う事で、最適な買い主を募り、専任媒介契約を締結した
不動産会社が自社の顧客との取引を優先して情報を抱え込む不法行為を
防止する為の物でもあります。

 

業務処理状況の報告

専任媒介契約を締結した不動産会社は、2週間に1回以上の割合で
(専属専任媒介契約は1週間に1回)仲介業務の実施状況を報告しなければ
ならないように法律で義務付けされています。

これは、不動産会社が買主を探し、依頼者は不動産会社の活動状況を
チェックする機会が確保されています。

土地査定でお困りであればこちらで一括見積もり

一括査定を依頼するだけで500万円以上の差が出る事も!

不動産売却一括査定「イエウール」

 

どこよりも高く土地査定を行います!
・最短60秒でご依頼が完了
・全国900社以上の優良不動産会社が集結
・最大6社より最高額が分かる




 

イエウール






不動産エージェントの「無料一括査定」

 

地域密着型で土地を査定!
・東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道で査定依頼
・無料土地査定をご検討の方!
・最短60秒で査定開始



 

不動産エージェントの【無料一括査定】




土地査定を希望であれば、群を抜いてこちらの2サイトが優良なサイトになります。
迷ったたらこちらがオススメですね。


どこよりも高く土地査定を希望される方へ!

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較

全国対応の提携数900以上から一括見積もりはこちらから


土地査定の依頼について 物件を高く売れた方法 体験談 高額査定の条件 値落ちしない物件ポイント