売却契約の事前知識

土地査定でお困りであれば、こちらで利益アップ!

自分の土地の査定を知り方はこちら!
簡単60秒で最大6社から無料見積もり
イエウール

売却契約の事前知識

土地や建物を実際に売却する際、方法としては、仲介と買取の2種類あります。

 

仲介とは、

不動産会社に依頼し、個人が所有する土地や建物を市場より購入者を探し
成約に繋げる方法となります。
これは、不動産会社が売主と買主の仲介的な役割を果たします。

 

メリット

・価格の決定は、基本的には売主が決定する事が可能
・不動産となりえる貴重な財産は、新たな所有者に継承する事が可能

 

デメリット

・売却のタイミングが確定出来ない状況が続く可能性もあり
次期の計画が組みにくい。
・購入者が決定するまでは、内覧希望者が必須となり得るので多忙な方にはかなり不便。
・隠れた欠陥物があったとしても、一切免責する事が困難
(※一般的にこれを瑕疵担保責任と言います)

 

注意点としては、成約に至るまでには、かなりの高度な知識が必要となり
いい加減な業者に任せてしまうと物件の引渡し後に買主とのトラブルにもなります。

 

この時に必ず業者の対応が煩雑で誠実がない所には、絶対に頼まないようにしましょう。
トラブル発生時には、責任回避する可能性も出てきます。

 

買取とは

これは、不動産会社が直接売主の物件を買取する事です。

 

メリット

・売却時期の確定が出来て売主側からすると次期計画が立てやすい。
・手続きがかなり簡素化する
・仲介手数料が発生しない
・隠れた欠陥物があったとしても、一切免責する事が可能

 

デメリット

・不動産会社の目線として、利益確保目的物件であれば買取が出来ない可能性がある
・不動産のプロと直接の交渉になる為、売主側に不利になる事は説明されない可能性がある

 

注意点としては、契約書の条文に不利な事は書かれない可能性もあり
実際に不動産会社に直接売る場合は、第三者に介入してもらった方が無難です。
(※例えば、司法書士や取引先の銀行に相談)

 

一番重要な点としては、買取資金の調達方法です。
実際に不動産会社が直接買取るのか?その不動産物件を
次の買主に売り、その代金を目当てにしているのか?
これによりトラブルが発生する可能性が非常に高くなります。

 

後者の場合であれは、結果的に仲介した方が断然良いので
このような発言をする業者は、要注意だと思って下さい。

 

このように、仲介と買取とでかなりメリットとデメリットがありますので
どの形が良いのかは、人それぞれですが、一番高く売るには仲介をオススメしています。

 

長い時間をかけてでも高く売りたい方はそちらが一番良いかと思います。

土地査定でお困りであればこちらで一括見積もり

一括査定を依頼するだけで500万円以上の差が出る事も!

不動産売却一括査定「イエウール」

 

どこよりも高く土地査定を行います!
・最短60秒でご依頼が完了
・全国900社以上の優良不動産会社が集結
・最大6社より最高額が分かる




 

イエウール






不動産エージェントの「無料一括査定」

 

地域密着型で土地を査定!
・東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道で査定依頼
・無料土地査定をご検討の方!
・最短60秒で査定開始



 

不動産エージェントの【無料一括査定】




土地査定を希望であれば、群を抜いてこちらの2サイトが優良なサイトになります。
迷ったたらこちらがオススメですね。


どこよりも高く土地査定を希望される方へ!

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較

全国対応の提携数900以上から一括見積もりはこちらから


土地査定の依頼について 物件を高く売れた方法 体験談 高額査定の条件 値落ちしない物件ポイント