売却時の流れとは?

土地査定でお困りであれば、こちらで利益アップ!

自分の土地の査定を知り方はこちら!
簡単60秒で最大6社から無料見積もり
イエウール

売却時の流れとは?

土地を査定し、売却をする際多くの方が損をしている方が非常に多くいらっしゃいます。

 

まずは、土地の売却の流れをしっかりと理解する必要があります。

 

本来の流れとしては、不動産に依頼をして買い手が見つかれば契約締結という流れになります。

 

その際は、不動産会社が値段をつける形になりますので
事前に相場などを確認し価格の理由などはしっかりと聞いておくようにしましょう。

 

土地の価格に関しては、売り手が見つかり次第という形になりますが、
早く売却をしたい方にとっては、最高額が付かない可能性もありますので、
売却時期も根気も必要になってきます。

 

一般的な流れは以下の通りになります。

 

相場の確認

→現時点でどれくらいの土地の相場感なのかを
物件の周辺情報などを情報収集しましょう。

 

不動産会社を探す

お近くの不動産会社に依頼するよりも
ご自身の土地がの最高額を引き出してくれる会社に依頼する事をオススメします。
その際は、こちらの検索サービスを利用して下さい。

 

数百万円単位で損をしない為にも事前に一括サービスを利用する事をオススメします

 

⇒ 「不動産無料一括査定」はこちら

 

土地査定を依頼

実際に土地を売る決心が付けば不動産会社との付き合いが始まります。
その為にもまずは、不動産会社との信頼関係もしっかりと築く事も大切になります。

 

仲介依頼を行う

不動産会社に仲介を依頼する場合には、媒介契約を締結します。
媒介契約とは、宅地建物取引業法によって定められている行為で

 

1:専属専任媒介契約
この契約に関しては、不動産業者に仲介を依頼しながらも
他の不動産会社にも重ねて依頼が可能な契約です。

 

不動産会社は、1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況報告をしなれければなりません。
(※但し、依頼者側は購入希望者をつける事が出来ない契約となります。)

 

2:船員媒介契約
この契約は、1の専属専任媒介契約同様に特定の不動産会社に依頼が可能となります。
こちらは、2週間に1回以上の割合で売却活動報告をする必要があります。

 

こちらも同様に購入希望者を見つける事が出来ません。

 

3:一般媒介契約
複数の不動産会社に仲介依頼が可能な契約で且つ
依頼者側は自分で購入希望者を見つける事が出来ます。

 

上記の3種類ありいずれの3種類から選択が可能となります。

 

土地を売り出す

不動産会社の査定価格や売却事例なども踏まえて
慎重に土地を売り出すようにして下さい。

 

価格の交渉

購入希望者が出た場合は、売却の条件を交渉していきます。

 

物件情報の開示

契約後のトラブルなどを防ぐ為にも契約締結する前に情報を明確に開示しましょう。
(※物件の欠陥がないようにする為)

 

契約締結

条件などが合えば、契約を締結。
一般的には、物件価格の10%〜20%程度の契約金を受け取れます。

 

土地の引き渡し

土地の引き渡しの際は、登記申請を行います。
登記申請には、抵当権抹消や所有権の移転などが含まれます。

 

以上の流れが、一般的な流れとなります。
是非、ご参考にして頂ければと思います。

土地査定でお困りであればこちらで一括見積もり

一括査定を依頼するだけで500万円以上の差が出る事も!

不動産売却一括査定「イエウール」

 

どこよりも高く土地査定を行います!
・最短60秒でご依頼が完了
・全国900社以上の優良不動産会社が集結
・最大6社より最高額が分かる




 

イエウール






不動産エージェントの「無料一括査定」

 

地域密着型で土地を査定!
・東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道で査定依頼
・無料土地査定をご検討の方!
・最短60秒で査定開始



 

不動産エージェントの【無料一括査定】




土地査定を希望であれば、群を抜いてこちらの2サイトが優良なサイトになります。
迷ったたらこちらがオススメですね。


どこよりも高く土地査定を希望される方へ!

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較

全国対応の提携数900以上から一括見積もりはこちらから


土地査定の依頼について 物件を高く売れた方法 体験談 高額査定の条件 値落ちしない物件ポイント