日本の不動産市場規模

土地査定でお困りであれば、こちらで利益アップ!

自分の土地の査定を知り方はこちら!
簡単60秒で最大6社から無料見積もり
イエウール

日本の不動産市場規模

少子高齢化が進む日本。2005年に人口はピークアウトを迎え、じわじわと人口の減少が見込まれています。

 

そうは言っても日本の不動産市場規模は世界的に見てもいまだに魅力的で、例えば日本の不動産証券市場は過去15年間で累積51兆円を叩き出しています。

 

不況にあえぐ日本のイメージがありますが、日本の不動産市場はアベノミクスの効果もあり、海外からの買い付けが増えています。特に中国をはじめとしたアジア諸国による買い付けの増加が目立ちます。

 

日本は経済大国2位の座を失って、現在3位となってしまいましたが、不動産市場はアメリカについで2位の位置を保っています。

 

ちなみに3位はイギリス、4位はフランスです。

 

アメリカの不動産市場は日本の倍以上で圧倒的な存在感ではありますが、
日本はそれについで世界の中で第2位の不動産市場です。

 

今まで不動産市場が活況となるのは東京や大阪などの大都市に限られてきましたが、
最近はインターネットの普及、電子化、クラウド化が進んだことで、
東京一極集中が少なくなり、今後も地方に定住する人が増えてくると予想されています。

 

またリニアモーターカーの建設やLCCの参入などで更に地方経済の加速が予想されています。
最近は地方で大型のショッピングセンターの建設ラッシュがおこっており、
地方の発展が益々加速すると考えらえています。

 

いままでは東京オリンピックが開催されるために東京の土地などの不動産の相場が
上がると考えられていましたが、このような地方の発展の波があり、
東京だけでなく地方も不動産市場が活況するのではないかという見方があります。

 

2013年のみずほ銀行の公表によりますと、今後40平米以上の賃貸市場は減少し、
代わりに単身高齢者の賃貸の割合が上昇していく傾向にあります。

 

日本は人口減という大きな問題を抱えつつも、2020年の東京オリンピック開催に向けて
さらに日本の不動産市場は盛り上がっていくことが予想されます。

 

世界的にみて日本の不動産市場は割安感があるので、
しばらく日本の不動産市場に資金が流れ込み活性化が続くと見込まれています。

土地査定でお困りであればこちらで一括見積もり

一括査定を依頼するだけで500万円以上の差が出る事も!

不動産売却一括査定「イエウール」

 

どこよりも高く土地査定を行います!
・最短60秒でご依頼が完了
・全国900社以上の優良不動産会社が集結
・最大6社より最高額が分かる




 

イエウール






不動産エージェントの「無料一括査定」

 

地域密着型で土地を査定!
・東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道で査定依頼
・無料土地査定をご検討の方!
・最短60秒で査定開始



 

不動産エージェントの【無料一括査定】




土地査定を希望であれば、群を抜いてこちらの2サイトが優良なサイトになります。
迷ったたらこちらがオススメですね。


どこよりも高く土地査定を希望される方へ!

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較

全国対応の提携数900以上から一括見積もりはこちらから


土地査定の依頼について 物件を高く売れた方法 体験談 高額査定の条件 値落ちしない物件ポイント